無料相談・資料請求はこちら

スティーブ・バルマーCEOは、サティア・ナデラ氏にチャンスと試験場を与え、マイクロソフトの復活を託した!

米西部ワシントン州シアトル近郊レドモンドの本社で開いた発表会で、サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「『ウィンドウズ95』が誕生して約30年がたち、最も高速でAIに対応したウィンドウズPCが誕生した」と話した。(日...

「AGI」は実現するのか? …サティア・ナデラCEOは2019年の「チャットGPT-2」に未来を予感し、2024年5月の「チャットGPT-4o」に結実した!

クラウドが登場した背景には、やむにやまれぬ単純な理由があった。1980年代には、マイクロソフト、インテル、アップルなどに牽引されてパソコン革命が起き、世界中の家庭やオフィスでコンピューターが利用されるようになった。199...

ロッキーは空を見上げてつぶやいた、「雲(クラウド)って何だ?」…アマゾンを猛追するマイクロソフトのクラウド・サービス!

マイクロソフトのCEOに就任した後のある日、私は集中治療室を訪れ、医療機器から聞こえてくる小さな作動音やアラーム音に満ちたザインの部屋を見渡した。その時ふと、これらの機器の多くがウィンドウズ上で稼働していること、それらが...

「世界はよい方向へ進んでいる」とビル・ゲイツ氏は言葉にし、現CEOのサティア・ナデラ氏が「目標とイノベーションと共感の化学反応」を熱く語る『Hit Refresh』を紹介します!

私はクリケットのことばかり考えている。どこにいても、心の内には常にあの魅力に満ちたゲームがある。クリケットには、喜び、記憶に残るプレー、ドラマ、追いつ追われつつの複雑なゲーム展開があり、無限の可能性がある。(『Hit R...

マイクロソフト経営陣の一人ひとりが、仲間に向かって静かに自分を語る「初めてのSLTミーティング」が実現した

私は1992年にマイクロソフトに入社した。自分には世界を変えるミッションがあると信じている社員がたくさんいる企業で働きたかったからだ。それから25年になるが、一度も後悔したことはない。マイクロソフトはパソコン革命を起こし...

マイクロソフトCEOサティア・ナデラ氏のエグゼクティブコーチ、そしてメンターは誰なのか…『Hit Refresh』の中にちゃんと書かれています

ほかの人もあてはまることだが、さまざまな歴史的変化が重なり、その恩恵を受けることができた私は、大変幸運だった。その歴史的変化とは、インドの独立、米国の公民権運動(それにより米国の移民政策が変わった)、そして世界的なITブ...

マイクロソフトCEOサティア・ナデラ氏の『Hit Refresh』(chapter1)「マルクスを敬愛する父、サンスクリット学者の母、クリケットのスター選手に感化された少年時代」を考察する

母はいつも、自分の好きなことを好きなペースでするのが一番いいと考えていた。自分の好きなことをしていれば、ペースはおのずと決まる。自分が楽しいと思うことを、よこしまな目的に左右されず、心を込めてしっかりとやる。そうすれば、...

マイクロソフトCEOサティア・ナデラ氏の『Hit Refresh』は、インドのハイデラバードから幕が上がります

学校は多文化的で、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教、シーク教の学生が一緒に生活し、勉学に励んでいた。エリートの一員もいれば、奨学金を得て奥地からやってきた、どこかの部族の子どももいた。州首相の息子が、ボリウッド俳優の子...

今回より、マイクロソフトCEOサティア・ナデラ氏の『Hit Refresh』を紐解き、「共感の経営」についてコラムを綴ってみようと思います

私は楽しみながら本書を執筆したが、やや気が引ける部分もあった。私がたどってきた人生に誰が興味をもつだろうか。また、マイクロソフトCEOに就任してから、まだ数年なのに、自分の指揮のもとでの成功・失敗を書くのは時期尚早だ。あ...

マイクロソフトCEOサティア・ナデラが実践する『Hit Refresh~共感の経営』を起点に、「なぜコーチング(共感)が経営に求められるようになったのか?」について考察してみました

2014年に前CEO、スティーブ・バルマーの後を引き継いでCEOに就任したナデラは、「マイクロソフトの存在意義は何か」を問い、パーパスの再発見に向け、企業文化の変革を最優先課題に掲げました。その変革のキーとなる概念として...

カタカナではない漢字名称が定着する『東京都同情塔』を読み込み、カタカナの「コーチング」が使われている日本の現状について考えてみました

バベルの塔の再現。シンパシータワートーキョーの建設は、やがて我々の言葉を乱し、世界をばらばらにする。ただしこの混乱は、建築技術の進歩によって傲慢になった人間が天に近づこうとして、神の怒りに触れたせいじゃない。各々の勝手な...

日本経済新聞×津村記久子<コラボ企画>『サラと気難しい人間たち』に触発され「洞察」を得た、2年4カ月を総括するコーチング型1on1ミーティングです!

Philosophy<理念>最も人を幸せにする企業が最も幸せになる『幸せ創造企業』の支援を通して、『幸せ共創社会』の実現を目指します。経営者並びに社員の幸福を追求し、社会の成長と発展に貢献しています。(株)コーチビジネス...

日本経済新聞の新企画『直言』・カリン・マルキデスOIST学長(20230618)~上川陽子法相(20240317)を振り返り、緒方貞子元国連難民高等弁務官の“異質の調和”につながった1on1ミーティングです!

最後になりましたが、変わらず重要なこととして、取り組む必要のある極めて大切な課題が一つあります。それは、苦しんでいる人々に関心を寄せ、行動をとるという各国政府や首脳の政治的意思をどのようにして維持できるか、ということです...

『ゴジラ-1.0』アカデミー賞・視覚効果賞獲得をアイスブレイクに、「白組」がなぜ「心理的安全性」を有する組織環境なのか?…を語り合う1on1ミーティングが展開されます!

心理学を学びコーチングの資格を有する新進気鋭の若手A課長と、部長職を長く経験し、定年再雇用でA課長のチームに配属された実践派のSさんとによる、2024年11回目の1on1ミーティングです。 『君たちはどう生きるか』と『ゴ...

河合隼雄さんが語る「人との距離感」に着眼し、「自分の強みと弱点を相対化する」を、ゴール設定としたコーチングセッションを描いてみました!

人間は「一心同体的」にはなれるが、残念ながらいつも「一心同体」にはなれない、という事実によるものである。あるいは一時的には、なれても、いつもそうだということはない、と言ってもいいだろう。人間はやはり、一人一人個別なのであ...

「型を大切にしながら、型にとらわれることなく、現状とは違う未来を志向していく」のが、優れたビジネスコーチ!

成功体験の呪縛として象徴的なのが、儲け頭の商品… ボストンコンサルティンググループが提唱したPPM、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントでいうところの「金の成る木」を維持しようと、自社競合…カニバリゼーションを避けよ...

ビジネスコーチングの目的、そして「誘導」を回避するセッション展開について、語り合った1on1ミーティングです!

心理学を学びコーチングの資格を有する新進気鋭の若手A課長と、部長職を長く経験し、定年再雇用でA課長のチームに配属された実践派のSさんとによる、2024年6回目の1on1ミーティングです。 コーチングの資格取得を意識すると...

コーチングのスキル体系…「承認」「傾聴」「質問」「フィードバック」「リクエスト」「リフレーミング」とは?

心理学を学びコーチングの資格を有する新進気鋭の若手A課長と、部長職を長く経験し、定年再雇用でA課長のチームに配属された実践派のSさんとによる、2024年5回目の1on1ミーティングです。 人の心などわかるはずがない!? ...

「SLIM」日本初の月面着陸成功を起点に、「悪しき“物語”」と「善き“物語”」を俯瞰し、「〇〇的なものが、〇〇を覆い隠す」を探索する1on1ミーティングです!

もし「精神」などというものがあるなら、それは何らかの形として顕れているはずだ。それを見たり、それに触れたりしてこそわかるのに、「精神的」なことをとやかく言うので、それが「精神」を覆い隠してしまう、と青山二郎は嘆くのである...

賃上げは、「味の素(日本経済新聞『直言』)」・「連合」・「経団連」の異なるセクターが、“志”を一にする喫緊の大テーマ!

──産業界に巣くう「病理」にどう対処すべきだと考えるか。「縦割り組織に横串を刺すことだ。当社はデジタル、イノベーション、トランスフォーメーションの3分野の責任者を置き、縦の組織と交差させている。縦と横のリーダーの対話で考...

2024年1月 最新コーチングスクール事情「コーチングスクールの正しい選び方、学び方、活かし方のすべて」

コーチングスクール 日本においてプロコーチを養成する講座を提供している主なコーチングスクール・団体は下記のとおりです。コーチング検索やコーチング・ランキングサイトに表示される主なコーチングスクールから抜粋させて頂きました...

読売新聞が報道する「JAL機、脱出劇“プロの仕事”」に感動し、日本経済新聞『直言』の「ロバート・ゼーリック氏が語る不確実性」を思索する1on1ミーティングです!

「輸出規制のほか、経済制裁、人の移動の制限などその他の問題でも保護主義が拡大している。第2次世界大戦後の日本や米国の成功の源であった『開かれた国際経済』を傷つける恐れがある」(日本経済新聞1月7日2面「直言~それでも対中...