勇気にスイッチを入れる(2018/10/16)

コーチの役割の一つは勇気づけにあります。
勇気づけとは、勇気がない人に勇気をあげるものではありません。

勇気は内側から勝手に湧いてくるものです。
私たちが生きているということは、私たちがエネルギーを持っているということです。
私たちは何かを創り上げ、そしてそれを楽しむというエネルギーを持っています。
私たちコーチは、それにスイッチを入れるだけです。

あなたはヒーロー/ヒロインである

勇気のスイッチを入れるためには、いくつかの要素があります。
そのうちの一つが、「あなたはヒーロー/ヒロインである」ということです。

コーチはクライアントの内側にあって本当に輝いているもの、その人の可能性を、偉大な眠っている可能性を見たいのです。

多くの人は自分のことを受け入れず、自分のことに気づいていません。
どんなに頑張ってもうまくいかないことがあります。そうするとうまくいかないんだと 思ってしまいますが、それは違います。うまくいかなかった人が最も世の中に勇気を与えているのです。うまくいかなかった人が本当は一番たくさん学んでいるはずです。

うまくいかなかった時に、「いい体験をしたな」「いっぱい学びがあったな」と思ったら、 その人は誰よりもヒーロー/ヒロインになれます。
失敗してくれた人に敬意をもって学び、そして前に進むことです。

私たちは、どれだけ多くの人の学びや気づきのうえに立って、今、世の中を見ているのかということです。そこに貢献をする時です。

完全な人生でなくていい、あなたが体験したことを世の中に還元してください。あなたの想いを世の中に向けて差し出してください。あなたが今できることをやってください。 そのことが世の中を変える力になります。

私もいろいろな人から勇気を頂きました。
本当にヒーロー/ヒロインとして扱ってもらえると、自分の内側にスイッチが入る瞬間があります。

あなたにもあると思います。その瞬間を思い出して、あなたが関わっている周囲の人に スイッチを入れてあげてください。
私たちが出会うすべての人はヒーロー/ヒロインであり、かけがえのない存在である として扱うことが世の中を変える力になります。

未来の希望とリスク(危機)

私たちにスイッチを入れてくれるもう一つは、私たちの未来は希望もリスクもあるということです。

大きな希望もありますが、大きなリスクもあります。リスクを引き受けて私たちは生きています。決して恐れないことです。リスクを知ることは私たちに勇気のスイッチを入れて くれます。

私たちはいろいろなリスクを乗り越えてきたし、回避するというすべを身につけてきています。どんなリスクを前にしても、それを受け入れて乗り越えていく強さがあります。

リスクを回避するだけでなく、もう一方には素晴らしい未来が待っています。
いつ終わるか分からない人生です。その中で大きな希望とあらかじめリスクを想定して、 私たちの魂にスイッチを入れることです。

たくさんのリソースに気づく

もう一つは、私たちの内側にも外側にもたくさんのリソースがあることに気づくことです。
私たちは見えていないだけです。見つかるまで探し続けましょう。あると信じて探し続ければ必ず見つかります。そのことに気づいたときに勇気のスイッチが入ります。

私たちには今できることがある

そしてもう一つ、この瞬間、私たちにできることがあります。
自分に優しくしてあげることもそうです。
周りの人に何か声をかけてあげることもそうです。

コーチングとは、これらのことに気づいて、そのことを意識的にやることです。
何より、あなたを信じてくれるコーチという存在がいることが、最高の勇気のスイッチになります。

コーチビジネス研究所のサービスラインナップ

コーチングの学び方ワークショップ
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • コーチングの学び方ワークショップ