コーチングは生きていくうえで大切な人生の教えである(2018/11/06)

コーチングは特殊なものではない

コンサルティング、カウンセリング、コーチングの全てに携わってみて、改めて思うのは、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、「コーチングは全てに通用する基本である」ということです。
コーチングは、特殊に開発された技術ではなく、もともと人間関係の中で行われていた、対話によって相手のやる気を引き出すコミュニケーションの手法を整理し、まとめ上げたものです。

アメリカで1950年代頃から発展し、日本には1997年頃にコーチングが入ってきましたが、当時はまだ一般にはなじみの薄いものでした。
2000年代に入ってから、リーダーや管理職を主とした人材育成にコーチングが活かされるようになり、今のように企業はもちろん、教育や医療、福祉の分野にも広く普及してきました。

あらゆる場面で活用

実際、コーチングは職場から家庭まで、さまざまなコミュニケーションの場で役立っているという声を数多く聞きます。
「経営者がコーチングを受けたことで、今まですぐに辞めていたスタッフが定着するようになった」
「マネージャーがコーチングを学んだことで、部下が生き生きと働くようになった」
「学校の先生がコーチングの研修を受けて、生徒たちに対する対応の仕方が変わったことで、やる気のなかった生徒たちが自発的に学ぶようになった」
「営業スタッフにコーチング研修をしたら、お客様に商品が売れるようになった」
「クレーム対応のスタッフにコーチング研修をしたら、クレーム解決が早くなった」
「コーチングを学んだことで、夫婦ゲンカをすることがなくなった」
「コーチングの手法を生かした対話を心がけることで、反抗的だった子どもが心を開いてくれるようになった」

コーチングを学ぶと生きやすくなる

コーチングを学ぶことによって、自分自身で行うセルフコーチングも自然に身に付くので、自分自身の人間的な成長にもつながります。

「なぜ自分はこんなに腹が立っているんだろう?」
「この仕事がうまくいかないのは、何が原因なんだろう?」
「自分がその目標に向かうのは何のためだろう?」
「今は子育てで余裕がないけど、自分が子どもの頃は何を考えていたっけ?」
「今の自分は輝いているだろうか?」
「自分が一番輝いているのは、何をしているときだろう?」

そんな風に自分自身を振り返ることで、思いがけない気付きや、問題を解決する突破口を見つけることができ、自分の望む方向に前進するエネルギーが生まれます。

つまり、コーチングを学ぶことで、他人とのコミュニケーションもスムーズになるだけでなく、自分自身の気持ちの整理もうまくなるので、とても生きやすくなり、より有意義な人生を送ることができるのです。

コーチビジネス研究所のサービスラインナップ

コーチングの学び方ワークショップ
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • コーチングの学び方ワークショップ