助成金は取得よりも使い方・活かし方が大事(2018/01/23)

今、国や自治体から様々な助成金が出ていますが、
あなたは申請したことがありますか?

最近では、スーパーコンピューターの開発を手掛ける
ベンチャー企業をめぐる国の助成金不正受給事件で、
ペジー社社長の斉藤元章容疑者らが逮捕されるなどで話題になっていますね。

助成金の不正受給など絶対にあってはならないことですが、
不正ではないにしても、助成金に対する考え方や使い方に
疑問を感じるケースが多々あります。

助成金を、ただお金がもらえるからと考えて申請している
企業が多いのが実体です。
特に多いのが、厚生労働省が行っている雇用関係の助成金です。
厚生労働省関係の助成金申請手続きを代行している
社会保険労務士やコンサルタントも、それを助長する
かのような口ぶりでセールスしている人もいるのでなおさらです。

雇用関係の助成金の本来の目的は、
労働者の職業を安定化させるために、
失業の予防、雇用機会の増大、雇用状態の是正、労働者の能力開発等
を図ることにあります。

そのため、人材の雇用や障がい者の雇用、人材の育成などに伴う
助成金が設けられています。
また近年では、定年の延長や廃止による高齢者雇用、
介護・育児休暇制度の充実などを対象とした社会情勢を
反映した助成金が増えています。

現在比較的申請しやすい助成金は以下の4種類です。
就業規則を改定し次の制度を新たに設けて実施すると、
155万円助成金を受給できます。

制 度 概 要 定 額 ※離職率改善
生産性向上
教育休暇等制度導入
(人材開発支援助成金)
外部研修に参加するための
有給制度を付与する
47.5万 +12.5万
健康づくり制度導入
(職場定着支援助成金)
人間ドックや生活習慣病予防検診を実施する 10万 +72万
セルフ・キャリアドック制度導入(人材開発支援助成金) キャリアコンサルタント
によるキャリア面談実施
47.5万 +12.5万
人事評価制度整備導入
(人事評価改善等助成金)
人事評価、昇給基準を作成し2%昇給する 50万 +80万
    合計 155万 332万

 ※離職率の改善や生産性向上要件を満たすと、金額が増額され、332万円となります。

まずは次の基本的な受給要件を確認しましょう。
(1)正社員を1名以上雇用している
(2)雇用保険・社会保険を払っている
(3)過去6カ月以内に会社都合での解雇がない
(4)残業代未払い等、労務違反を犯していない
以上の条件に合致していれば、原則として受給可能です。

いずれも従業員にとっても、とてもメリットのある制度です。
大切なことは、これらの制度を新設し助成金を活用して、
職場環境を改善し、働き方の改革や人材育成へ向けて投資をすることです。

離職率の改善や生産性の向上には、コーチングがとても有効です。
離職率の高い大きな要因は人間関係にあります。
また生産性を高め、業績を改善するには社内における
「関係性の質」を高めることが有効であると、
マサチューセッツ工科大学のダニエルキム教授が
『成功の循環モデル』の中で提唱しています。

『成功の循環モデル』とは、
①チームの関係性が良く、風通しがよいと「関係性の質」が高まり、                                                                  ②対話を通して本質的な議論が行われ、より深いレベルでの対話が行われ
「思考の質」が高まる                                                                                                                                                           ③結果として新たな挑戦や助け合行動が生まれ、「行動の質」が高まり、                                                                                ④その結果、チームや組織のパフォマンスが上がり売上や成績も上がるという
「結果の質」が高まるという好循環が生まれる
というものです。

この「関係性の質」や「思考の質」を高めるうえで、
コーチングを導入してみることをお勧めします。

コーチングの基本的な考え方は、「人は無限の可能性がある」
「答えは相手の中にある」ということであり、
相手を100%信じて受け止めてあげるという人間観に基づいているからです。

コンサルティングとコーチングの使い分け(2014/11/27)

こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチングスクール
埼玉校・池袋校を運営する中小企業診断士
コンサルティング・コーチの五十嵐久です。

 

「コンサルティングとコーチングの使い分けを
どうされているんですか?」

昨日、あるコンサルタント会社の
研修講師を務めた時、受講生からの質問でした。

全3回コースの初日で、
全国から20名が参加されていました。

コンサルタントのための「コーチ養成講座」です。

名だたるコンサルティング会社の人をはじめ、
中小企業診断士、税理士、社会保険労務士など
士業の方もいらっしゃいました。

コンサルティングにおいて、
コーチングの重要性が認識されつつあるのを感じますね。

さて、コンサルティングとコーチングの使い分け
ということですが、クライアントからの依頼内容によって異なります。

「売上が落ち込んでいるのでなんとかしたい」
「資金繰りを改善したい」といったようにクライアントが
経営の課題を解決し、提案を望んでいるような場合は、
コンサルティング契約になるでしょう。

ただし契約はコンサルティングですが、
私の場合、実際の進め方はコーチングスキルをベースにしています。

コンサルティングとコーチングフローの大枠はほとんど一緒です。

コンサルティングは改善提案に主軸が置かれますが、
事前のヒアリングから経営課題の抽出、改善提案、
実施に至るまで、すべてコーチングスキルを使って行うと効果的です。

経営者や従業員からのヒアリングの時など、
あなたはどんな聞き方をしていますか?

コンサルタントであるあなたが知りたい情報を
得るために質問をしていませんか?

あるいは、評価や判断を入れながら
聞いていないでしょうか?

コンサルタントは、問題点を探ろうとすることに
集中してしまうために、つい評価の目をもって
分析してしまう傾向があります。

コーチングは、ニュートラル(中立的な)な気持ちで聴くことが基本です。

コーチングはあなたが知りたいことを聴くのではなく、
クライアントのために、クライアントの心の声を聴き取ることにあります。

例えば「売上が低迷している」という場合に、
クライアントはどんな立場で話をしているでしょうか?

主体的な立場で話をしているだろうか、
被害者批判者の立場で話をしてないだろうか、
思い込みはないか、モチベーションや
エネルギーレベルはどうか、などを聴き取ります。

経営者の思いを感じ取れないと、
生きた提案もできないのではないでしょうか?

コンサルタントが「聴き方」や「質問の仕方」などを
学ぶ意義がそこにあると私は思っています。

************************
      お知らせ

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)「きずな川口」

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としての成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

12月3日から毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で川口支会定例会の開催を予定しています。

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士・コンサルティングコーチ
起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター

五十嵐 久

 

説明会・勉強会

SMEエグゼクティブコーチ養成講座の詳細はコーチングスクール特設サイトからご確認頂けます

コーチングスクールの特設サイト

コーチビジネス研究所のサービスラインナップ

コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • 中小企業・個人事業主のためのホームページ制作サービス
  • イノベーションズアイ登録支援機関
  • ラジオはじめました 五十嵐久のぶっちゃけコーチングレディオ

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。