自己認識は、自分が描く未来を形にする(2017/05/13)

「自己認識」とは、「自分を認識する」ことですが、あなたは自分が何者であるかを常に意識して生活してはいないのではないかと思います。

「自己認識」は、「自意識」とは違う概念です。自意識も外界と自分との違いを意識することですが、どちらかといえば主観的に自己の内側に対して内省的に働きかける意識のことです。
簡単に言えば、「自分がこんな失敗をしたら、他人から笑われるのではないか」という意識です。

「自己認識」も自己と他者との違いを認識することですが、自己認識は、他者という客観的な存在を認識したうえで「自分がここに存在する」ことを知る・認めることになります。
つまり、自分の主観的な考えを通して他者と自己を意識するのではなく他者という客観的な視点を通して「自分」を確かな存在として認めることになります。

自己認識は自己実現に必須

自意識は、主観的要素が強く、あくまで自分が中心です。
この場合、どうしても自分の「考え」「思考」の偏りが影響しやすく、他者に自分の考えを押し付けたり、他者との違いを「自分」への非難や同調としてとらえたりする可能性が高まります。
「自分が他者と比較してどうか」という視点を持つことは、自分という「同一性」が揺らぐことにもつがなります。

そのため、起業をするときや、組織を統括するような立場に立つとき、自意識だけで行動することは、「社員にどう思われるか」「顧客にどう思われるか」の視点に立ちすぎ、自分として何がしたいのかが見えにくくなります。
その結果として、周囲との協働や協調が失われ、孤立してしまうこともあります。

「他者」の見方や関わり方の違いを通して、「自分はどうなのか」「何をしたいのか」を考え自分を認識することは、より客観的に目標達成のための方法を見つけ出すことにつながり、自己実現が可能になるのです。

変化する自己認識

自意識は、自分の内側に主観的に働く意識のため、その傾向はあまり変わりません。
人と比べて罪悪感が強い、羞恥心が強いなどは、年齢や経験によって緩和されても傾向は変わらないものです。

一方、自己認識は、「他者」と「自己」の関わりによって認識されるため、自分の役割や立場、そして「他者」の変化によって変化するものです。

よく、役職が付いた時、「変わったね」と、良くも悪くも周囲から評価されることがありますよね。
その他者からの評価を通して、「自分はこんな面もあったのか」と認識し、さらに自分の能力を発揮するにはどうすべきかと自分が考えることができれば、自己認識力を高めることになります。
他者評価を通して、知らなかった自分の一面を認め、同一性をもった自分と認めることができたのです。

ところが、「変わったね」という評価を受け止められない場合には、他者から見える自分の一面を見ないことになり、自己同一性にずれが生じることになります。
その場合には、自分を成長させる可能性を含む客観的視点を排除することになり、周囲の変化についていけない自分になる可能性が高まります。

もし、あなたが「こうありたい自分」や、「達成したい夢」がある時には、常に変化する他人からの言動や行動などを客観的に受け止め、自分に問いかけることが大切です。
他者から見える自分と、自分が目指す姿にずれがあれば、そのすれをいかに最小に抑え、自己実現を達成するのか、それはあなた自身が行わなければならない作業です。

もし、何かに躓き「なりたい自分」「目標達成」が進まない時、コーチンングを受けることで、効率よく自分を見つめなおすことができます。
コーチは、あなたが受け入れやすいフィードバックをくれるはずです。
そのフィードバックを通して、自己認識を深め、自己一致したあなたが描く未来を手に入れることができます。

コーチの役割~環境を整える~(2014/11/05)

こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチングスクール
埼玉校・池袋校を運営する中小企業診断士
ビジネスモデル構築コーディネーターの五十嵐久です。

コーチの役割は何でしょうか?

コーチはクライアントが目標達成に向けて、
気づき、勇気づけられ、行動が促進されるようサポートする伴走車です。

変化を生み出すには、
環境を変えるか、行動を変えるか、
スキルを変えるかしかありません。

中でも、環境を変えることが変化を生み出す
うえで大きな効果があります。

そのためコーチングでは、
相手(クライアント)の環境を整えることに
重きを置くことで、クライアントが
行動したくなるようにサポートします。

良い環境があれば、人は自然に動けるようになるからです。

例えば、クライアントの環境を整えるために、
次のような会話を行ないます。

コーチ:「起業するという目標を達成するために、
乗り越えなければならないことは、どんなことですか?」

クライアント:「家族の理解と必要な資金の確保です。

コーチ:「ご家族の方の理解を得るには、どんなことが
必要だと思いますか?」

クライアント:「家族には、きちんと向き合って、
起業への思いを真剣に説明すれば、理解してもらえると思います。」

コーチ:「そうですね。私も○○さんの思いは、
必ずご家族の方にも伝わると信じています。いつ話ますか?」

クライアント:「今週の日曜日に話します。」

コーチ:「いいですね。それでは、その結果について、
メールで報告してくださいね。資金の確保についてはどうですか?」

クライアント「う〜ん、それが一番難題ですね~。」

コーチ「誰か協力してもらえそうな方はいますか?」

クライアント「そうですね。もしかしたら叔父が協力してくれる
かもしれません。」

・・・

というような形で、
クライアントが目標達成に向けて行動しやすいよう、
サポートします。

一人で目標達成に向けて向けて行動するには不安もあります。

そんな時、
どのようにしたら必要な知識が得られるか」
「誰かサポートしてくれる人はいるだろうか」
「どこに行けばツールを揃えることができるだろうか

などと、コーチはクライアントが必要なことを見極め、
いろいろな見方ができるよう、効果的な質問をします。

そうすることで、クライアントの頭の中が整理され、
目標達成に向けて自発的行動が促進されます。

 

************************
      お知らせ

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)
 川口支会

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としの成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

11月から毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で川口支会定例会の開催を
予定しており、11月6日(木) 19:00~20:30 
セミナー&体験会を開催します。

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士
起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター

五十嵐 久

 

「コーチングという言葉は嫌いです」(名高達男)(2014/07/16)

こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチンクスクール
池袋校・埼玉校を運営する中小企業診断士
起業家実現コーチの五十嵐久です。

つい先日、ある雑誌社のインタビューを
受ける機会がありました。

なんとインタビュアーは、あの俳優の名高達男さん
でした。

さすがに、元モデルさんだけあって、
とてもカッコいい、素敵な方でした。

NHK大河ドラマ「功名が辻」にも出演するなど
俳優やリポーターとして活躍されています。

その名高さんから、「コーチングって何ですか?」
とコーチングに関して、様々な角度から質問を頂きました。

「プロコーチを目指したり、特にコーチングをビジネスに
することを目的にしない一般の人にとっても、
コーチングスキルはとても役に立ちますね」

「こんな良い制度なのに、まだ知らない人が多いのは
残念です。是非もっと広めてください」

と励まして頂いたのですが・・・。

「でも私は、コーチングという言葉は嫌いです
コーチングという言葉は堅いイメージがあるし、
なんか偉そうな感じがしますね・・・」

「もっと一般の人に馴染める言葉にしたら
普及すると思いますよ。」
と、お叱り(アドバイス?)を頂きました。

名高さんのような著名な方がコーチングを
受けて頂くと普及にも役立つと思って、
少しプッシュしてみたのですが、

強く推すことができなかったのが、
相変わらず私の弱さです・・・。

10月1日発売の「CompanyTank」という雑誌に
今回の対談内容が掲載される予定です。
楽しみにしていてください。

それにしても、「コーチング」に代わる、
もっと相応しい言葉がないでしょうかね。

実は名高さん以外の方からも、
最近同じような意見を頂きました。

私も以前から感じていたことではありますが、
「コーチング」という言葉にアレルギーのような
ものを感じている方がいることは残念です。

コーチングに関して、誤った理解をしていたり、
誤解している方も見受けられます。

一般の人にも受け入れやすい言葉を考えなければと
改めて深く考えさせられました。

コーチ(coach)の語源は「馬車」だと言われます。
大切な人を目的地まで送り届ける意味があるところから
きたとされています。

相手に寄り添い、その目標達成を手助けするのが
本来の目的ではあります。

しかしながらコーチングは何も特別なものではなく、
すべての人が身につけるべきスキルだと私は
思っています。

コーチングを学ぶことで、セルフコーチング
(自分自身へのコーチング)のスキルも身につき、
より前向きな人生が送れるようになるからです。

そして、相手の可能性を信じるという
コーチングマインドを持った人々が増えれば、
社会を変える力になると私は信じています。

 

コーチングスクールの特設サイト
SMEエグゼクティブ・コーチ養成講座 LINE無料体験
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • イノベーションズアイ登録支援機関
  • ラジオはじめました 五十嵐久のぶっちゃけコーチングレディオ

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。