プロモーター&サポータータイプの特徴(2014/11/21)

 こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチングスクール
埼玉校・池袋校を運営する中小企業診断士
コンサルティング・コーチの五十嵐久です。

前々回のコミュニケーションスタイルの続きです。
4つのタイプのうち、プロモーターサポーター
についてお伝えします。

プロモータータイプは、促進型と言われ、次のような特徴があります。

・自分のオリジナルなアイデアを大切にする。

・人と活気あることをするのを好む

・自発的でエネルギッシュ

・好奇心が強く、楽しさこそ人生と思っている

・多くの人に好かれる

・お祭り好きでお調子者と言われることが多い

・あきっぽいところがあり、一つの事を達成したり、
 持続したりするのが苦手

こうしたプロモータータイプの人への関わり方は、

周りに及ぼす好影響を褒める

・自由に発想させる

・頻繁に声をかける

・持ち上げる(おだてる)

・感嘆符(!)を使う表現をする(例:さすが!、すごい! 等)

・相手のユニークさを褒める

・会話を広げる

・社交性を承認する

キーワードは、
影響」、「自由」、「存在」、「快感」、「違う」、
オリジナリティー」、「楽しい」です。

次に、「サポーター(援助型)タイプ」です

サポータータイプの特徴は以下のような点です。

・人を援助することを好み、協力関係を大切にする

・周囲の人の気持ちに敏感で、気配りに長けている

・一般的に人が好き

・自分自身の感情は抑えがち

・人から認めてもらいたいという欲求も強い

こうしたサポータータイプへの関わり方

感謝の言葉をかける

・結論を急がない

・他者の意見を紹介する

・隠れたサポートに光を当てる

・威圧しない

・最後まで一旦受け止める

・表情や声のトーンに感情を乗せる

・安心して話せる環境を作る

キーワードは、
感謝」、「合意」、「貢献」、「承認」、
ねぎらい」、「平和」、「調和」です。

 

************************
      お知らせ

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)「きずな川口」

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としての成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

12月3日から毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で川口支会定例会の開催を予定しています。

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士
起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター

五十嵐 久

 

コーチングスキル「認める(承認)」とマズローの欲求5段階説(2014/11/10)

 こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチングスクール
埼玉校・池袋校を運営する中小企業診断士
コンサルティング・コーチの五十嵐久です。

11月7日~9日にかけ、さいたまスーパーアリーナで
コラボさいたま2014」が開催され、
銀座コーチングスクール埼玉校も出展しました。

DSC_1930[1]

昨日、その会場に行く途中、電車の中で、
また残念な姿を目にしました。

父親とその息子さんと思われる2人です。

息子さんが一所懸命話しかけているのに、
その父親はスマホでゲームに夢中になっており、
一度も息子さんの顔を見ず、無視していました。

コーチングスキルの中で基本となる
認める(承認)」というスキルがあります。


人は認められることで安心感を持ち、

自分自身をより信頼する気持ち、(自己信頼)が生まれます。

コーチは、相手の話から聞こえてきた事実を
受け止め、認めることで、クライアントが
安心感や自己信頼を得られるようにします。

このことにより、クライアントのコーチに対する
信頼感が醸成され、何でも話せる雰囲気が生まれます。

「認める(承認)」はコーチングマインドの基本であり、
相手を心から信頼し、存在そのものに敬意を払っています
ということを、クライアントに効果的に伝えるためのスキルです。

「認める(承認)」とは、相手の言うことを
そのまま受け止めることです。

ありのままの事実や存在、あるいは変化を、
ただそのまま受け入れ、認めます。

内容について同意したり、評価や他の誰かと比較することを含みません。

相手が気づいていない進歩や成長等を
具体的に伝えることも認めることです。

「認める(承認)」と「ほめる」は違います。

「ほめる」とは、相手の良い点や上げた成果(好ましい事実)を
取り上げ、相手を肯定的に評価し、それを伝えることです。

それに対して、「認める」は、事実・存在を
そのまま伝えることであり、肯定・否定に関わらず、評価を含みません。

「私の意識の中に、あなたはちゃんといますよ!」
というのが基本的なメッセージです。

私たちは、誰もが常に、ある不安を抱えています。
それは「自分はここにいてもいいのだろうか」
という不安です。

人は自分の存在を誰かに認めて欲しいと思っています。
人に存在を認めてもらうことが仕事のうえでも、
生きていくうえでも、エネルギーになります。


心理学者のA・マズロー
が提唱した
欲求5段階説」というのがあります。

人は低次元の欲求が満たされてはじめて、
高次元の欲求に向かうというものです。

この5段階の欲求とは、
(1)生理的欲求、(2)安全の欲求、(3)社会的欲求、
(4)自尊の欲求、(5)自己実現の欲求です。

このうち、3番目の社会的欲求は、「愛と所属の欲求」
とか「関係性の欲求」などとも呼ばれており、
チームで仕事をしていくうえで大切なところです。

社会的欲求が満たされないと、
「自分はここにいていいのか」
「自分は必要とされているのだろうか」
といった疑問や不安が出てきたりします。

そうなると仕事に集中できず、不安を解消する
ために多くのエネルギーが使われてしまい、
チームの不協和につながります。

認めるの反対は無視です。
無視されるのは最もつらいことです。
先ほどの父親のようなケースですね。
無視されて育った子供の将来はどうなると思いますか?

************************
      お知らせ

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)
 川口支会

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としての成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

12月から毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で川口支会定例会の開催を
予定しています。

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士
起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター

五十嵐 久

 

スマホと娘、どっちが大事?(2014/10/01)

こんにちは!

銀座コーチングスクール埼玉校・池袋校
運営する起業家のためのビジネスモデル
コーディネーター五十嵐久です。

DSC_0667

以前、俳優の名高達男さんと対談した内容を掲載した
雑誌「Company Tank」が、本日発売になります 。

DSC_1759[1]

 

この対談でも、多くの人にコーチングを学んでほしい
ということを言っているのですが、
つい先日、大戸屋さんに昼食に出かけた時の
ことです。

店に入って店内を見渡したらたら、ほぼ向かいに
親子と思われる母親と3歳位の女の子が座っていました。

何気なく見ていると、女の子が一所懸命、
「いない いないば〜」をしているにも関わらず、
その母親は女の子の顔を見ようともせずに
スマートフォンに夢中になっていました。

女の子は母親が相手をしてくれないので、
諦めてジュースを飲み始めますが、零してしまいました。

女の子の無言の抗議かもしれませんね。

でもそれを見た母親は、「何しているの!!」と
女の子を叱りつけます。

すると、女の子は大きな声で泣き出しました。

私は、そのやりとりを見ていて、
なんとも言えない寂しさを感じてしまいました。

最近は、こういう場面を目にする機会が
増えて、心配になってしまいます。

スマートフォンの弊害かもしれませんが・・・

メーカーには、誰かが話しかけている時や、
歩きながらの場合は操作ができなくなるような
システムを考えてほしいと思ってしまいます。

上司と部下の関係でも一緒ですね。
部下が話しかけているのに、顔も見ないで
聞いている上司がいます。

人が話かけているのに、顔も見ないのは
失礼極まりないことです。

コーチングのスキルに「認める(承認)」
というのがあります。

相手の存在や成長を認めてあげることです。

「認める」の反対は無視することです。
誰でも無視されることは、一番辛いことです。

先ほどの母親と女の子も場合も一緒ですね。
子どもが一所懸命話しかけているのに無視する
のは最大の罪です。

「認める」のスキルは、人間関係において
最も基本となるものです。

コーチングなど学ぶ以前の問題だと思いますが、
こんな基本的なことですら、意外とできていない
人が多いのも現実です。

学校教育の現場でも、こうしたコミュニケーションの
基本くらいはきちんと教えてほしいものだと思いますね。

**************************

平成26年6月19日、労働安全衛生法の一部が改正され、
従業員数50人以上の事業場に対して、
労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査
「ストレスチェック」等の実施が義務づけられました。

ストレスチェックの導入をお考えの経営者・ご担当者様
がいらっしゃいましたら、安心でフォロー体制も
しっかりしたシステムをご紹介しますので、
お気軽にお問い合わせください。

**************************

株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士・起業家のためのビジネスモデル
コーディネーター 五十嵐久

コーチングスクールの特設サイト
エグゼクティブ・コーチ5日間の無料入門プログラム
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • イノベーションズアイ登録支援機関
  • ラジオはじめました 五十嵐久のぶっちゃけコーチングレディオ

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。