わがままではない「あるがまま」の自分(2017/04/19)

わがままではない、「あるがまま」の自分

あるがままの意味は、「ありのまま、実際にある、そのままの状態」のことです。
それでは、「あるがままの自分」「ありのままの自分」の自分とは、どのような自分なのでしょうか。

禅の世界での「あるがまま」という意味は、「自分の思いや枠をなくした上で、見えてくる自然な状態」を指すそうです。

それは、自分が無意識に行っている「べき思考」や「決めつけ」などの、自分枠の中に世界をはめ込むのではなく、目に見え、耳に聞こえ、心に感じたそのものの状態を指すのではないかと考えます。

あるがままとわがままの違い

あるがままにふるまうことを、時々、「自分の思うままにふるまう」こととして勘違いしてしまうことがあります。あるがままは、「そのものの状態」を指すのであって、自分の価値観や枠というフィルターを通したものではありません。

例えば、自分の感情に素直にふるまうことは、ただのあなたの感情を相手にぶつけているだけであり、相手からは「わがまま」に見えてしまうことにもなりかねません。

それは、あなたが感情をぶつけることで相手をコントロールしようと相手から見えてしまうからです。

相手に自分を理解してもらうことは、相手を自分の感情でコントロールすることではなく、自分の中にある様々な価値観や思考の癖があることを自覚したうえで、表裏のない自分を伝えていく必要があるのです。

裏表のない自分を見せることで、相手もあなたを理解し、あなたの理解者への変わっていくのです。

あるがままの自分とは、「私はこうなの!」という自分自身の決めつけを外し、自然体でいられる自分になることなのです。

あるがままの自分になるには

あるがままの自分になるためには、自分がどんな感情や考えを持ちやすいのかを知る必要があります。

例えば、同僚から何か嫌なことを言われたとき、あなたの心にはいくつもの感情が浮かんでいるはずです。

嫌なことを言われた事実に対し、あなたの心の中には「不愉快」「理不尽」といった気持ちと同時に、「自分が何かしたのだろうか」いう不安な気持ちや「虫の居所が悪かったのかも」という考えもあるのではないでしょうか。

そのすべてが、あなたの心の中の「あるがまま」です。
けれど、その感情を「いけないことだ」「不愉快だけど嫌われたくないから我慢しよう」と押さえつけ、気が付かないふりをしてしまうために、自分にうそをついたようで苦しく感じたり、自分にこんな思いをさせる相手を許せなくなったりするのです。

自分の中に浮かんだ様々な感情のすべてを自覚し、自分のありのままを受け入れることで、相手の態度に対し自分がどうすればよいのかが見えてきます。
時には、相手に抗議したいと考えるかもしれませんし、相手の嫌味に反応しないでスルーする対処法をとるかもしれません。

大切なのは、自分の中に浮かんだすべての気持ちや思いを、無理に押さえつけないことです。
自分の中にある良い面も悪い面もすべて受け入れ、自分がどうしたいのか、どうなりたいのかを考えることで、「あるがままの自分」を相手に見せられるようになり、周囲の人も裏表のないあなたを理解するようになるのです。

お知らせ

本を出版しました。
コーチング・ビジネスのすすめ─女性に最適!ゼロから始める夢資格─」(合同フォレスト)

 

今ここに注意を向け、今の自分に気づくマインドフルネス(2017/04/17)

■マインドフルネスの語源と意味

Googleをはじめ、色々な研修やストレス軽減法として脚光を浴びている

「マインドフルネス」ですが、その語源は仏教用語の「サティ」の英訳だと言われています。

 

「サティ」というとオウム真理教事件が思い起こされる方にとっては、

印象が悪い言葉かもしれませんが、「サティ」は「気づき」とか「念」のこと。

つまり、「今」の「心」に気付くことが、「マインドフルネス」な状態だともいえるようです。

 

また、「mind」は「意識する、気を配る、心にとめる」ことであり、

ness」は、「性質や状態などを表す抽象名詞」です。

つまり、「mindfulness」は、「今まさに、気が付いている状態、意識していること」なのです。

 

■なぜ、「今に注意を向ける」のしょうか

あなたは、過去の経験や思い出に思いを馳せることや、

未来の不安や戸惑いに心を奪われることはありませんか?

 

人は、過去や未来のことに知らず知らずに意識を向けがちです。

過去の解決できない辛い気持ちに囚われ、

その気持ちが未来の不安につながってしまうことさえあります。

過去や不安に縛られ、「今」「この瞬間」を生きる自分に意識を向けにくいのです。

そのため、今、呼吸をしている自分、食べている自分、歩いている自分が無意識になり、

思考が過去や未来に囚われ分散し、確実に生きている今の自分が見えなくなるのです。

 

マインドフルネスは、「今、ここ」に心を置く=集中し、ありのままの自分に気付くことです。

つまり、「生きている自分の気持ち、身体の活動」に注意を向け、今を感じることです。

 

「今の自分」を意識できることで、過去や未来に囚われ不安定になっていた気持ちを

安定させることができますし、「あ、今こんなことが浮かんだ」「今、息を吐いた」

といった自分の今の変化に気が付くことで、自分に起こっている現象を客観視することができます。

 

過去の出来事に心が縛られていた自分が「今、息を吸う」、

未来の不安で押しつぶされそうになっていた自分が「今、筋肉を動かして息を吐き出している」のです。

今を意識し集中することが、確実に今を生き自分を感じ、自分を受け入れ、自分を信じることにつながります。

 

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネスを身に付ける方法に、瞑想があります。

方法は、呼吸瞑想、歩く瞑想、食べる瞑想などが代表的です。

これは、仏教の瞑想法である「止観」にも通じる方法です。

瞑想の手順については割愛しますが、

自分の身体が「今、行っている動作」に意識を向け、瞑想中に他の情報-例えば、

過去の嫌な感覚や誰かの顔など―が頭に浮かんだとしても、

「浮かんだこと」事実を受け止め、

そのまままた自分の身体が「今、行っている動作」に意識を向け直します。

例えていうなら、漫画のコマワリのようなもので、

自分のセリフの吹き出しがあっても、

次のコマでは違う画面に変わっている感じのイメージです。

 

大切なことは、瞑想中に浮かんだ気持ちを否定も肯定もしないこと、

浮かんではいけないと考えないことです。

湧き出てくる心象風景や考えはそのままにして、

その画像や感情を追わないことが大切なのです。

 

その瞑想体験を繰り返すうちに、「今の自分」をありのままに受け止め、

気持ちの切り替えや集中力のアップにもつながり、

過去に囚われずに「今を生きる」自分を意識できるようになるのです。

 

心配ごとや気になることが多くて気持ちが集中できない、

過去の嫌な思いや未来の不安に囚われてしまいがちな時は、

マインフルネス瞑想を覚えて実践してみてはいかがでしょうか。

「なんだか、気持ちがすっきりした」感覚を得ることができるはずです。

*****************************************************************************

お知らせ

★一般社団法人東京コーチング協会コーチングカレッジ基礎コースを開講します。

http://tca.tokyo/college/foundation.html

★本を出版しました。

「コーチング・ビジネスのすすめ

–女性に最適!ゼロから始める夢資格–」

(合同フォレスト)

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9-%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B%E5%A4%A2%E8%B3%87%E6%A0%BC-%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%B5%90-%E4%B9%85/dp/4772660747

************************************************************************************

五十嵐久

淑徳大学「プロコーチ入門講座」講師

GCS認定プロフェッショナルコーチ

中小企業診断士

産業カウンセラー、キャリアコンサルタント

一般社団法人東京コーチング協会 理事(創業者・前会長)

 

 

 

 

 

 

 

リーダーに求められるセルフモチベーションスキル(2014/09/17)

こんにちは!

銀座コーチングスクール埼玉校・池袋校
運営する五十嵐久です。

リーダーに最も必要なことは何でしょうか?

リーダーとは変化を創り出す人だと言われます。
まずリーダー自身が変化を創り出すことが求められます。

そのためのスキルが「セルフモチベーション」です。

セルフモチベーションとは、まさしく
自分自身のモチベーションを自ら向上させることを言います。

誰でもやる気のない上司・リーダーの下で働くのは、
嫌ですよね。
リーダー自身のモチベーションが部下へ
大きな影響を与えることを意識することが必要です。

モチベーションを向上させるためには
感情を自ら創り出すスキルが役立ちます。

なぜなら行動を創り出すのは感情だからです。

感情を創り出す要素には3つあります。
身体の使い方言葉の使い方
そして意識の向け方の3つです。

身体の使い方を変えるだけで、
感情を変えることができます。

落ち込んでいる時に、
胸を張って空を見上げてみるだけで
少し気分が良くなったりすることがないですか?

言葉の使い方もポジティブな言葉に
変えてみましょう。

そして大切なのは、意識の向け方です。

モチベーションの向上にまず必要なことは、
実現したい結果を明確にすることです

あなたが、「人生をかけてでも達成したいことは
何でしょうか?」

私たちが自分の人生をコントロールできるのは
意味づけ”しかありません。

起こった出来事は変えられないし、
これから起こりうる出来事も完全にコントロールする
ことなどできません。

でも起こった出来事をどう意味づけするかは、
100%自分が選択しています。

この意味づけによって、
私たちは幸せな感情も最低の感情も手にすることができます。

そして、その感情が行動を生み出し、結果を創り出しています。

コーチングを学ぶことで、これらの意味づけを変え、
自らをモチベートすることができるようになります。

**************************

平成26年6月19日、労働安全衛生法の一部が改正され、
従業員数50人以上の事業場に対して、
労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査
「ストレスチェック」等の実施が義務づけられました。

ストレスチェックの導入をお考えの経営者・ご担当者様
がいらっしゃいましたら、安心でフォロー体制も
しっかりしたシステムをご紹介しますので、
お気軽にお問い合わせください。

**************************

(株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
ビジネスモデル構築コーディネーター
中小企業診断士 五十嵐 久

コーチングスクールの特設サイト
エグゼクティブ・コーチ5日間の無料入門プログラム
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • イノベーションズアイ登録支援機関
  • ラジオはじめました 五十嵐久のぶっちゃけコーチングレディオ

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。