「自分探し」の旅は、自分を知ることから始めよう(2017/04/30)

本当にやりたいことがわからない。自分自身のことがわからない。自分らしい生き方が何かわからない。

他の人が仕事や人生を楽しんでいるのに比べ、自分は打ち込める何かが何もなかったり、誰かに必要とされていなかったり、つらいことがあって自分が信じていた足場が崩れそうになった時など、自分自身がわからなくなることがあります。

そんな時、自分を変えたい、もっと違う自分があるはずだと、自分探しの旅に出たくなると思います。

でも、自分探しの旅に出る前に、確認すべきポイントがあります。

「私の人生は、こんなものじゃない」という思いを捨てる

自分探しをする人の中で、他の人の人生に自分を重ねてしまっている場合や、ドラマや小説のヒロインやヒーローの人生が当たり前の人生だ、などと思い込んでしまっている人がいます。

憧れの人のような人生や、周囲の恵まれた人の人生の一部を見て、自分と比べた時に「こんなはずじゃない、もっと素敵な人生があるはずだ。」と考えてしまうと、いくら自分探しの旅に出ても、自分らしい人生を見つけることはできません。

急にヘリコプターが舞い降りて、憧れの人の道まで運んでくれたとしても、一歩降りたとたんに、道の感覚があまりに違いすぎ、立つことさえできないかもしれません。
憧れの人の人生は、あなたが見えなかっただけで、ごつごつした岩の上を一歩一歩踏みしめながら作ってきた道かもしれないからです。

自分探しをする前に、他人と同じ人生を自分と重ねていないかを自分に問いかけてみましょう。
他人の軸に自分を重ねたままでは、自分を見つけることができないまま時間だけが過ぎてしまうことになります。

過去の自分を見つめる

思いもよらないつらいことが起きた時、自分自身が揺らぐことがあります。
自分が見えなくなり、自分を再構築するために自分探しを始めることもあります。

そんな時、自分が立っている足場がぐらついていても、もっと下の土台がしっかりしていれば、足場の補強だけで自分を取り戻すことができます。

自分が今までどう生きてきたのか、自分が大切にしていたものや好きだったものは何かを思い出すことで、自分の中にある“ワクワク感”がよみがえることもあります。

時には、過去を思い出し、苦しくなることもあるかもしれません。
過去は今のあなたを作ってくれた礎です。
「こんな過去は認めない」と思うことが、実は自分自身を苦しめている原因になっていることさえあります。

「良い、悪い」というジャッジを抜きにして、今まで過ごした時間を繰り返し、自分がどんな生き方をしていたのかを受け入れることが、自分探しの旅に出るときには大切になります。

なりたい自分を見失わない

自分探しの旅は、自分を知ったうえで、自分らしい未来の自分を作りだす作業になります。
今の自分に足りないことを見つけ、何かを補ために「憧れの人のようになりたい」を目指すのであれば、なりたい自分が具体的になります。
ここでのポイントは、憧れの人になるのではなく、憧れの人のように生きるために自分ができること、すべきことを見つけることです。

ロールモデルになる人がいないこともあると思います。
そんな時は、漠然とでも「こんな自分になりたい」という目標を定めることが大切です。
道標がないまま、自分探しに出かけても、道に迷いもっと自分の居場所が分からなくなることさえあります。

なりたい自分が見つからないという人もいると思います。
自分が無理をしないで安定していられる場所を探すことを目的にすることはできるのではないでしょうか。
安心していられる場所と、信頼できる人とめぐり逢うことが、自分自身を安定させる足場づくりの第一歩だからです。
足場が整ったところで、自分が何をしたいのか、何を目指しているのかの自分探しの旅に出ても遅くはないのです。

未来は、今の積み重ね

そして最後にお伝えしたいことは、未来は今の積み重ねということです。
なりたい自分になるために自分探しをする前に、今の自分の立ち位置を、しっかりと見つめてみることが大切です。

あなたをあなた以上に理解している相手がいるかもしれません。
あなたが自分を探す旅に出ることを応援してくれる家族や友人もいるでしょう。
あなたの中にある知識や技術が、自分探しの旅に役立つことあるはずです。

今のあなたの手の中にあるものを、しっかりと感じること、そのことも自分探しを始める前に確認すべきポイントです。

自己理解は、自分らしさを知ること(2017/04/23)

「自分のことは自分が一番よく判っている」と言い切る人、「自分のことがよく判らない」と考えている人、両方の見方ができる「自分」。
そして、その両方の見方も正解であり不正解でもある摩訶不思議な存在の「自分」概念。そんな自分を知る、「自己理解」について、今回は話を進めていきます。

自分の顔は直接触れることはできても、見ることはできない

「自分のことは自分がよく判る」と思う部分を顔で表現するとしたら、自分の手で触れることで、肌の感触や凹凸を理解することは、他人よりも自分自身が一番理解できる直接的な感覚です。

しかしながら、直接目で顔を見ることは難しく、視界に入るとしても鼻の一部分だけで、「鏡」や何かに映った自分を客観的視点で理解していることになります。

つまり、自分の外見を理解することさえも、何かを通して客観的に見なければならない部分があるということです。
もっと複雑な自分の内面を見ることは、自分を知る方法をきちんと知っておかなければ、全体を見渡すことも、内側を理解することも、輪郭がぼやけてしまうことにつながるのです。

自分から見える自分と、他人から見える自分は違う

例えば、同じ風景を数人で見ていたとしても、自分が意識して見ている部分と、他の人が見ている部分が違うことは、経験したことがあると思います。

例えば、同じ場所を写生しても、一人として同じ色や形で絵を書くことはまずありません。
それは、自分が気になる色や形、空間が、一人ひとり違うからです。
一人ひとりが、自分の感覚のフィルターを通して、同じ場所を見ているのです。

それは、人間関係でも同じことで、すごく礼儀を重んずる人から見たあなたは、「落ち着きがない」と見えるかもしれませんが、ルールよりも自由を大切にした人から見れば、「活発で行動的」と見えるかもしれません。
このように、同じあなたを見る他人のフィルターは、相手の価値観や考え方によって大きく変わるものなのです。

他人からみた「自分」を否定することや、逆に気にしすぎて「自分が判らない」になってしまう必要はなく、あなたという風景を見ているフィルターの違いだけの話です。
他のフィルターを通した時「そう見える自分もある」ことを受け止めることが、自己理解を深める一歩になるのです。

自己理解は自分らしさにつながる

自己理解を深めるには、自分の気質や性格だけでなく、道徳観や価値観、育った環境や風土、行動や態度などのパターンを知ることが必要になります。

例えば、関西と関東では味付けもせっかちさも違うように、人には育った環境によっても価値観や大切なものが変わってきます。
それは、関東が悪い、関西が悪いといったジャッジではなく、土地柄であり環境です。

自己理解を深める時にジャッジは必要なく、自分は何に対して怒ったり喜んだりするのか、大切にしているものは何か、ストレスがかかった時にどんな行動をとっているのかを考え整理していきます。

自分では顔の全体を見ることができないように、自己理解を深めるためには他人のフィードバッグが必要です。
自分はこう感じているけれど、人からはどう見えているのかを評価することなく違うフィルターを通して教えてもらうのです。

また、他人との違いを知ることも、自己理解につながります。
自分が見ている風景と、相手の見ている風景を重ねることで全体像に近づくように、相手になくて自分にあるもの、その逆の場合があることを理解し、互いを否定せずに受け止めることで、「自分らしさ」を明確にすることができるのです。

説明会・勉強会

SMEエグゼクティブコーチ養成講座の詳細は下記サイトからご確認頂けます

コーチングスクールの特設サイト
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • 中小企業・個人事業主のためのホームページ制作サービス
  • イノベーションズアイ登録支援機関
  • ラジオはじめました 五十嵐久のぶっちゃけコーチングレディオ

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。