企業の成長と社員の自己実現を一致させることはできるか(2018/02/11)

働く価値観の変化など時代が大きく変わってきている今日、
これからの企業経営で最も大切なことは、
企業の成長と社員の自己実現をどう一致させていくかにあります。

もっとも従前から、会社の目標と個人の目標との一致点を見出し、
そのベクトルを合わせることは、会社として常に目指してきたところであり、
今に始まったことではないのですが、近年特にこのことが求められているように感じます。

「企業の目標と社員一人一人の目標を一致させることなんてできるはずがない」
そんな声も聞こえてきそうです。
確かに、社員の目標は多様で一人一人異なり、
社員の数だけ目標があると言っても過言ではありません。
それらをどう一致させていくのか、これまでも多くの経営者が頭を悩ませてきた課題です。

しかしながら、私がこれまでお手伝いしてきた経験からしても、
経営者や社員一人一人のパラダイムや考え方を変えることができれば、
必ず一致させる道はあると確信しています。

マネジメントの父と称せられたピーター・ドラッカーの『5つの質問』の中にも、
そのヒントがあります。
一つ目は、われわれの使命は何か、です。
わが社がこの社会に存在しなくてはならない理由はどこにあるのか、
何のために仕事をするのか、この根本的な事業の目的を明確にすることです。

二つ目は、われわれの顧客は誰か、です。
わが社の使命は誰に向けられたものなのか、誰のお役に立ちたいのか、
どういう人を幸せにしたいのか、ということです。

三つ目は、顧客の価値は何か、です。
自分たちが売りたいものを押しつけて売るのではなく、
自分たちがお役に立ちたいと思っているお客様は何を望んでいるのか、
何に価値を感じているのか、です。

四つ目は、われわれの成果は何か、です。
成果というのは売上や利益のことだと思いがちですが、
大事なのはお客様がどうよくなったかです。

五つ目は、われわれの計画は何か、です。
計画とはただ数字を立て、スケジュールを組めばいいわけではありません。
事業を底上げするための目標を立てることだと、ドラッカーは言っています。

喜んでくださるお客様をどれくらい増やすのか、どう増やすのか。
そのために、人、モノ、カネ、時間、情報などの経営資源をどうやって、
手に入れ、活用するのか、という目標を立てたうえで、
役割分担し、実行していくことです。

この5つの質問に対する回答をもう一度考えてみましょう。
それを社員にきちんと伝えているでしょうか?
もしかして伝えたつもりになっていて、
社員は知らない、忘れている、理解していない、
といった状況にないでしょうか?

更にドラッカーは、『経営者の条件』で次のように述べています。
「成果を上げるには、人の強みを活かさなければならない。
弱みからは何も生まれない。成果を生むには、利用できる限りの強み、
すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを総動員しなければならない。」

社員一人一人が自分の強みを発揮できるような仕組みをつくることが必要です。
社員一人一人と対話し、その心の声を聴くことです。
ここにもリーダーとしてコーチングスキルとコーチングマインドが必要な理由があります。

社員が欲しているもの、欲していないもの、
既に持っているもの、持っていないものは何でしょうか?
マトリックスにして考えてみましょう。

例えば、社員が欲していて持っているものの中には、
一人一人の社員の中にある働く目的があります。
一方、社員が欲しいと思っているけど持っていないものは何でしょうか?
もしかとしたら会社の目的との結びつきかもしれません。

このようにして、会社の中の制度を一つ一つ見直してみましょう。

コーチングを支えるパラダイム(2015/03/01)

おはようございます。

コーチビジネス研究所、銀座コーチングスクール
埼玉校・池袋校を運営する中小企業診断士
コンサルティング・コーチの五十嵐久です。

早くも3月がスタートしました。

三寒四温といった日が続いていますね。
まだまだ寒いですが、着実に暖かな春が近づいているのを感じます。

さて、今日はコーチングを支えるパラダイム
についてお伝えします。

ジェットコースターに並んでいた親子の会話です。

母「どうしたの?」
息子「怖い!」
母「そう。でも大丈夫よ。怖いだけだから」

これはパラダイムシフトですね。
新しい世界、新しい枠組みは納得しようと思ったら
できません。

もしあなただったら、子供が「怖い!」と言った時、
何と言いますか?

新しい次元に行くためには、納得を手放さないとダメです。

母「どうだった?」
息子「うん、怖いだけだった」

この子は、怖いかどうかと、できるかどうかを区別できました。

パラダイムとは、ある時代の人々の「ものの見方、考え方を
根本的に規定している概念的枠組みの転換です。

情報化の進展やグローバル化などによって
時代の流れの中で、ビジネスを取り囲む「環境の転換」が
起きています。

「あるはずと思い込んでいるものがなくなる」
という時代認識が必要になっています。

「企業は人なり」とは、よく言われることです。

人の差こそ、企業価値の差を生み出す
すべての源泉と言っても過言ではないと思いますが、
あなたの会社はどうでしょうか?

リーダーの仕事は「CS=顧客満足」であるとともに、
「ES=従業員満足」です。
「部下の何が問題か」ではなく、
「自分が何ができるか」が重要です。

人は誰でも未開発の可能性を持っている」
「人が必要とする答えは、その人の中にある
というのが、コーチングを支えるパラダイムです。

答えを見つけるには、気づきを引き出してくれる
パートナーが有効です。

今まで成し遂げたことがないことを成し遂げること、
それがコーチの役割でもあります。

考えやすいのが、正解という枠組みです。
答えは一つだというパラダイムが強いのが、
今の学校教育の課題です。

よく言われるように、
4+6=?と問われれば、10という答えしかありませんが、
10=□+□と考えると、どうでしょう?

パラダイムは私たちの生活のいろいろなところに
根ざしています。

************************
      お知らせ

◆2015年4月から
淑徳大学 池袋サテライトキャンパスにて、
プロコーチ入門講座」が開講されます。

 http://ext.shukutoku.ac.jp/course/detail/3203/

◆アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)「きずな川口」

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としての成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で定例会の開催を開催しています。

現在一緒にやって頂ける仲間を募集中です。
あなたも参加して一緒に成長を目指しませんか?
info@coaching-labo.co.jp

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士・コンサルティングコーチ
起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター

 

 

 

起業を志す人のマインドセット(2014/06/18)

こんにちは!

コーチビジネス研究所を運営する中小企業診断士
銀座コーチングスクール池袋校・埼玉校代表の五十嵐久です。

6月13日付けの日本経済新聞朝刊に、DSC_1446[1]
日立化成が、コーチング技術を持った社員を 1,200人にする
という記事が出ていました。

コーチングを導入する企業が増えつつあるのは
嬉しいですね。

 さて、今日は、起業を志す人のマインドセット
についてお伝えします。

マインドセットとは、グロービス、MBA経営辞書
によると、
経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態、暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、価値観、信念などが含まれるとしています。

起業したいけど、自分には実績がありません
多くの起業を志す人から、そうした言葉を耳にします。
これも、もしかしたら思い込みかもしれませんね。

 あなたは実績がないと言って、 尻込みしていませんか?

私も同じでした。

もちろん、企業人として働いていた時は、
それなりの貢献はしてきたと自負していますが、
そのことをどこまで活かせるかは、正直不安でした。

でも悩んでいるだけでは 一歩も前へ踏み出すことができません。

実績は行動しない限り作れないからです。
マインドセット、考え方を変える必要があります。

成功している人に会うと、 「実績は作るものだ」と言います。

たった一つでいい、 一つの実績があれば、人は興味を持ってくれます
過去を掘り下げていくと必ず何らかの実績があります。
他人から見たらすごく大きな実績があった ということがよくあります。
自分では意外と気が付いていないことが多いですね。

例えば、秘書として20年、いろいろな社長に 仕えてきたという
OLの方がいるとします。

いろいろな社長の振舞いを見てきて、
そこから学んできたことがあるはずです。
それはとても大きなあなたの宝です。

また多くの人は、実績を語るのを嫌がります。
私もそうです。 自慢話のようで、いまだに躊躇する自分がいます。

でもビジネスにおいてはこれは美徳でしょうか?
マイナスですよね。

お客様は常に、何か良い人、良い商品、 良いサービスがないかと
探しています。

お客様に選んでもらいやすいように、
「ここに、こんな良い商品・サービスがありますよ」
ということをしっかりと示してあげることは大切なことです。

私も最近やっと少しづつそう思えるようになりました・・・

追 伸

メルマガでも、起業や経営、コーチングに役立つ
様々な有益情報をお伝えしています。

現在、メルマガ登録者全員に特典として以下の
3つをプレゼントしています。

登録特典1:無料動画
北野哲正×井口晃×五十嵐 久の対談
トップコーチに聞く「成功するコーチの条件とは?」

現在日本で最も活躍している日本一のマーケティングコーチ
北野哲正さん、そして世界一のコーチ、アンソニー・ロビンズの
プラチナパートナーでもあるエキスパートコーチの第一人者である
井口 晃さんのお二人に「成功するコーチの条件」等について語って
頂いているここでしか見られない大変貴重な動画です。

●登録特典2:無料動画
「起業&継続するビジネスの7つの条件」全10巻
 

起業し、その後も事業を安定的に運営継続させていくための
基本的な考え方や経営ノウハウなどについてお伝えしています。

平成25年9月に実施した有料セミナー(3万円)の
ダイジェスト版です。

これから起業にチャレンジするあなたにとって
必ず参考になる内容だと思います。

登録特典3:無料動画
「コーチ型ビジネスで起業・副業するための究極の
7ステップ」全12巻

稼げるプロコーチとして起業していくために必要なポジショニング
の考え方や顧客獲得ノウハウなどについてお伝えしています。

平成25年9月に実施した有料セミナー(3万6千円)の
ダイジェスト版です。

コーチをビジネスとして起業、副業したい
あなたにとって成功するための必須の内容です。

以下にEメールアドレス、お名前(姓)を
ご入力頂ければ、数分後にプレゼントダウンロード
用URLを記載したメールをお届けします。

今すぐコーチビジネス研究所無料メルマガに登録して、
3つのプレゼントを受け取ってください!

メルマガ登録はこちらをクリック!

https://55auto.biz/arashi55/touroku/entryform1.htm

 

説明会・勉強会

SMEエグゼクティブコーチ養成講座の詳細はコーチングスクール特設サイトからご確認頂けます

コーチングスクールの特設サイト

コーチビジネス研究所のサービスラインナップ

コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • 中小企業・個人事業主のためのホームページ制作サービス
  • イノベーションズアイ登録支援機関 株式会社コーチビジネス研究所
  • あなたに戦略はありますか?言葉のチカラ全開 Cross Section Note

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。