企業の成長と社員の自己実現を一致させることはできるか(2018/02/11)

働く価値観の変化など時代が大きく変わってきている今日、
これからの企業経営で最も大切なことは、
企業の成長と社員の自己実現をどう一致させていくかにあります。

もっとも従前から、会社の目標と個人の目標との一致点を見出し、
そのベクトルを合わせることは、会社として常に目指してきたところであり、
今に始まったことではないのですが、近年特にこのことが求められているように感じます。

「企業の目標と社員一人一人の目標を一致させることなんてできるはずがない」
そんな声も聞こえてきそうです。
確かに、社員の目標は多様で一人一人異なり、
社員の数だけ目標があると言っても過言ではありません。
それらをどう一致させていくのか、これまでも多くの経営者が頭を悩ませてきた課題です。

しかしながら、私がこれまでお手伝いしてきた経験からしても、
経営者や社員一人一人のパラダイムや考え方を変えることができれば、
必ず一致させる道はあると確信しています。

マネジメントの父と称せられたピーター・ドラッカーの『5つの質問』の中にも、
そのヒントがあります。
一つ目は、われわれの使命は何か、です。
わが社がこの社会に存在しなくてはならない理由はどこにあるのか、
何のために仕事をするのか、この根本的な事業の目的を明確にすることです。

二つ目は、われわれの顧客は誰か、です。
わが社の使命は誰に向けられたものなのか、誰のお役に立ちたいのか、
どういう人を幸せにしたいのか、ということです。

三つ目は、顧客の価値は何か、です。
自分たちが売りたいものを押しつけて売るのではなく、
自分たちがお役に立ちたいと思っているお客様は何を望んでいるのか、
何に価値を感じているのか、です。

四つ目は、われわれの成果は何か、です。
成果というのは売上や利益のことだと思いがちですが、
大事なのはお客様がどうよくなったかです。

五つ目は、われわれの計画は何か、です。
計画とはただ数字を立て、スケジュールを組めばいいわけではありません。
事業を底上げするための目標を立てることだと、ドラッカーは言っています。

喜んでくださるお客様をどれくらい増やすのか、どう増やすのか。
そのために、人、モノ、カネ、時間、情報などの経営資源をどうやって、
手に入れ、活用するのか、という目標を立てたうえで、
役割分担し、実行していくことです。

この5つの質問に対する回答をもう一度考えてみましょう。
それを社員にきちんと伝えているでしょうか?
もしかして伝えたつもりになっていて、
社員は知らない、忘れている、理解していない、
といった状況にないでしょうか?

更にドラッカーは、『経営者の条件』で次のように述べています。
「成果を上げるには、人の強みを活かさなければならない。
弱みからは何も生まれない。成果を生むには、利用できる限りの強み、
すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを総動員しなければならない。」

社員一人一人が自分の強みを発揮できるような仕組みをつくることが必要です。
社員一人一人と対話し、その心の声を聴くことです。
ここにもリーダーとしてコーチングスキルとコーチングマインドが必要な理由があります。

社員が欲しているもの、欲していないもの、
既に持っているもの、持っていないものは何でしょうか?
マトリックスにして考えてみましょう。

例えば、社員が欲していて持っているものの中には、
一人一人の社員の中にある働く目的があります。
一方、社員が欲しいと思っているけど持っていないものは何でしょうか?
もしかとしたら会社の目的との結びつきかもしれません。

このようにして、会社の中の制度を一つ一つ見直してみましょう。

「コーチングという言葉は嫌いです」(名高達男)(2014/07/16)

こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチンクスクール
池袋校・埼玉校を運営する中小企業診断士
起業家実現コーチの五十嵐久です。

つい先日、ある雑誌社のインタビューを
受ける機会がありました。

なんとインタビュアーは、あの俳優の名高達男さん
でした。

さすがに、元モデルさんだけあって、
とてもカッコいい、素敵な方でした。

NHK大河ドラマ「功名が辻」にも出演するなど
俳優やリポーターとして活躍されています。

その名高さんから、「コーチングって何ですか?」
とコーチングに関して、様々な角度から質問を頂きました。

「プロコーチを目指したり、特にコーチングをビジネスに
することを目的にしない一般の人にとっても、
コーチングスキルはとても役に立ちますね」

「こんな良い制度なのに、まだ知らない人が多いのは
残念です。是非もっと広めてください」

と励まして頂いたのですが・・・。

「でも私は、コーチングという言葉は嫌いです
コーチングという言葉は堅いイメージがあるし、
なんか偉そうな感じがしますね・・・」

「もっと一般の人に馴染める言葉にしたら
普及すると思いますよ。」
と、お叱り(アドバイス?)を頂きました。

名高さんのような著名な方がコーチングを
受けて頂くと普及にも役立つと思って、
少しプッシュしてみたのですが、

強く推すことができなかったのが、
相変わらず私の弱さです・・・。

10月1日発売の「CompanyTank」という雑誌に
今回の対談内容が掲載される予定です。
楽しみにしていてください。

それにしても、「コーチング」に代わる、
もっと相応しい言葉がないでしょうかね。

実は名高さん以外の方からも、
最近同じような意見を頂きました。

私も以前から感じていたことではありますが、
「コーチング」という言葉にアレルギーのような
ものを感じている方がいることは残念です。

コーチングに関して、誤った理解をしていたり、
誤解している方も見受けられます。

一般の人にも受け入れやすい言葉を考えなければと
改めて深く考えさせられました。

コーチ(coach)の語源は「馬車」だと言われます。
大切な人を目的地まで送り届ける意味があるところから
きたとされています。

相手に寄り添い、その目標達成を手助けするのが
本来の目的ではあります。

しかしながらコーチングは何も特別なものではなく、
すべての人が身につけるべきスキルだと私は
思っています。

コーチングを学ぶことで、セルフコーチング
(自分自身へのコーチング)のスキルも身につき、
より前向きな人生が送れるようになるからです。

そして、相手の可能性を信じるという
コーチングマインドを持った人々が増えれば、
社会を変える力になると私は信じています。

 

説明会・勉強会

SMEエグゼクティブコーチ養成講座の詳細は下記サイトからご確認頂けます

コーチングスクールの特設サイト
コーチビジネス研究所のパートナーコーチ CBL登録コーチ一覧

無料ダウンロード「研修サービスに関する参考資料」

当社が提供するサービスをまとめた「会社サービスご紹介資料」「五十嵐久プロフィール」の他、研修サービスをご検討中の方や具体的な研修プログラム例が知りたい方のための「自律型人材を育てる効果的な研修の進め方資料」「社内コーチ養成研修提案資料」「部下を輝かすコーチング研修提案資料」の計5点を無料でダウンロードいただけます。

  • TOKYO MX HISTRY
  • 1日3分で学ぶコーチング入門講座
  • コーチング・ビジネスのすすめ: 女性に最適! ゼロから始める夢資格
  • 中小企業・個人事業主のためのホームページ制作サービス
  • イノベーションズアイ登録支援機関
  • ラジオはじめました 五十嵐久のぶっちゃけコーチングレディオ

※アマゾンのURLはアソシエイトリンクを使用しています。