コーチングの魅力

コーチングは、あなたの中に秘められた能力、アイデア、
強みを引き出し、価値ある目標をサポートします。

 

コーチングとは、あなたのゴール達成の為に、あなた自身について客観的に分析し、
必要な知識や能力やツールを棚卸しし、それを備える為の行動をサポートする
プロセスです。そのプロセスを経る事で、あなたの能力を最大限に引き出し、
成長を促進し、ゴールの達成と自らの価値を創造する取り組みです。

 

コーチ(私)は、クライアント(あなた)とツールやセッションによって、
会話を交わすことによって、あなたがゴールを明確にし、それをより短期間で
達成するようにサポートします。

 

コーチングセッショの中で、コーチ(私)は「質問」「承認」「要望」
「提案」「リクエスト」「フィードバック」など
コーチング・コミュニケーションで関わります。

 

次にコーチ(私)がすることは、生活とのバランス、体力とのバランス、
人間関係のバランス、楽しみや趣味、価値観など、全体のバランスがどれほど
取れているかを見て、どの領域にエネルギーをチャージすればいいかを一緒に
チェックしていきます。

 

ビジネス・コーチングでも、パーソナル・コーチングでも同じです。
生活のあらゆる領域においてバランスが取れていることは、重要なことです。

 

コーチ(私)はバランスをチェックしたり、自分を振り返る様々なツールを
用意しています。コーチング・セッションの中で、クライアント(あなた)の
要望を確認して、ご提供していきます。

 

また、毎回のセッションでは、思いがけないアイデアや、気づきの言葉、
自分を勇気づける言葉、行動するための中間目標、コーチ(私)からの
フィードバックなど、様々な貴重な言葉があなたから生まれます。

 

これらは、一瞬にして消え去ります。是非、ノートを取るなどして履歴に
残しておくことをお勧めします。また、自分の成果を振り返ることで、
自信が生まれ、次のゴールに向かうエネルギーが生まれます。

 

1

 

このようにコーチングは一言でいうと、
「相手の自発的行動を
促進させるためのコミュニケーション技術」とも言えます。

 

特に新しく開発されたというものではなく、人間関係において、
もともと行われていた「人を成長させる、能力を開花させる
コミュニケーション」を整理し、まとめあげたものです。

 

いい先生や、いい指導者に出会えて、「自分の可能性に気づき、
勇気をもって新たな道を選んでいった」そんな経験を持っている方は
多いと思います。

このように、もともと人を育て、人の才能を引き出す能力を持っている
人たちを「ネイティブコーチ」と言います。

 

私たちプロ・コーチは、このコミュニケーションスキルを身につけ、
基本的には1対1のコーチングカンバセーションを繰り返し、
相手(クライアント)の個人的な能力・可能性を引き出し、
行動できるアイデアを一緒に考え、
自発的に目標に向かっていくサポートをします。

 

今、あらゆる場所で、コーチングは効果を上げています。
企業・教育・医療・福祉・家庭、etc.
厳しい状況が続いている今だからこそ、人を活かし、勇気づけていく
コミュニケーションが広まって欲しいと願っています。

 

【コーチングの手順・方法】

最初にお会いして、コーチングのテーマや課題についてお話を伺います。
コーチングセッションは、基本的には電話またはSkypeで行います。

1回約45分~60分です。月2回のセッションを継続して、
3カ月を基本契約とします。
その後は双方の合意に基づいて、月ごとに延長します。

 

【関係の性質】

コーチは基本的にアドバイスを与える存在ではありません。
またセラピーやカウンセラーとも異なります。
人生や仕事、キャリアにおいて実現したいことに焦点を当てます。

より良い関係を築くべく、常にクライアントを信頼し、対話の中で、
クライアントの言葉に耳を傾け、効果的な質問で気づきや発見を促します。
また提案により「視点を変える」行動に移すためのアイデアを一緒に考えます。

 

【コーチの守秘義務】

コーチはクライアントとのセッションの中に、「人には知られたくない事」
について耳を傾けることがあるかもしれません。

コーチはクライアントから、秘密にすべき情報が伝えられることがある
ことを認識しています。そうした情報をコーチ自身のために利用することは
ありません。クライアントの承諾なしに他言しないという守秘義務を負って
いますのでご安心ください。

 

■ コーチングの効果

3

 クライアントの意欲・
能力を引き出し、
より高い目標を達成
コーチの適切な後押しにより、より短期間で目標を達成
この角度を生み出すことがコーチングです。

 

■ コーチングが機能する条件

4

 

 

 

5

 

 

 

6