あなたのコミュニケーション・タイプは?(2014/11/17)

こんにちは!

コーチビジネス研究所、銀座コーチングスクール
埼玉校・池袋校を運営する中小企業診断士
コンサルティング・コーチの五十嵐久です。

先週の土曜日に、「彩の国コーチ協会ワークショップ」を開催し、
イスラエル生まれのコーチングゲームを体験して頂きました。

私は、2年ほど前に受講したことがあるのですが、
コこのーチングゲームは、一人ひとりの内側にあるのもを観察するうえで
有効だと感じています。

ただ時として、過去の嫌な出来事などにフラッシュバックして、
極度に落ち込んでしまったりする人もいるので、注意が必要です。

そのため、きちんと訓練を受けたコーチやカウンセラーが使うのが
望ましいでしょう。

DSC_1946[2]


さて前回、コミュニケーションスタイルの
4つのタイプのうち、コントローラータイプについて主にご紹介しました。


今回は、その続きとして、アナライザータイプについてお伝えします。


アナライザータイブは、


・物事を始める前にデータを集め、分析する

・計画を立てるのが好き

・物事を客観的に見ることができる

・粘り強く、最後までやり遂げる力がある

・慎重で、失敗することに対して怖れがある

・変化や混乱に弱い


といった特徴があるされています。


そのため、こうしたアナライザータイプに関わる時は、

・じっくり考える時間を与える

・何かを進める時は、目的をきちんと伝える

・内面に注意を向ける


といったことが求められます。


私自身は、アナライザーとサポーターがやや高いバランス型です。


こうしてあらためて眺めてみると、アナライザータイプに近いですね。


行動する時は、一度決断すると思い切ってやるのですが、
どちらかといえば慎重で、リスクをいろいろ
考えてから始めることが多いです。

ただ計画を立てるのはあまり好きではありません。
一つ一つ目の前のことを確実に仕上げていくタイプです。


先日受講したストレングスファインダーによると
適応性資質がトップ5に入っており、
水の流れにまかせて、柔軟に対応できるのが
特徴と出ていました。

そういう意味でも、目標を立ててそれに向かって
進むというよりも、どちらかというと積み上げ型で
目の前のことを一つずつ成し遂げていくタイプです。

************************
      お知らせ

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)「きづな川口」

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としての成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

12月3日から毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で川口支会定例会の開催を予定しています。

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士
起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター

五十嵐 久