コーチングの仕組み(2014/10/30)

こんにちは!

銀座コーチングスクール埼玉校・池袋校を
運営する中小企業診断士・コーチビジネス
研究所の五十嵐久です。


今回から、コーチングの基本的事項について
紹介していきます。


コーチングは基本的に一対一(マンツーマン)で
行なわれ、一連の会話のことを「セッション」と
言います。

そして、コーチングスキルを使う人を「コーチ」、
コーチングを受ける人を「クライアント」と呼びます。

この関係は、プロフェッショナルな
コーチングセッションのみならず、親と子、
先生と子供、上司と部下という関係
においても同じです。


一般的にコーチングは、クライアントに
達成したい目標」や「解決したい問題」などが
ある時に活用されます。


セッションでは、クライアントがコーチに話をし、
コーチはその話をじっくりと聴きます。

そしてコーチは、クライアントに質問を投げかけます。
クライアントはその質問に答えていくのですが、
普段はあまり考えていないことや漠然としている場合は、
考えないと答えられません。

コーチングでは、「答えはクライアントの中にある
というマインドをもって、クライアントに接します。

この考えるプロセスにおいて、クライアントの頭の中は
整理され「気づき」が生まれます。

私たちは、他人から言われて行動するよりも、
自分で「やろう」と思った時に、気持ちよく行動できます。

子どもが、親から「勉強しなさい」と言われると、
かえって反発してやらないけど、好きな本や
尊敬する先輩の言動などから刺激を受けて、
「勉強したい」と思うことがあったりします。


このように私たちは「自分で気づくと行動したくなる
という習性があります。

コーチングでは、この習性を使い、
相手の気づきや自発的行動を引き出していきます

また始めて行動する時などは、
勇気が必要になるときもあります。

このようなとき、コーチは「是非やってごらん。
あなただったら、きっとできるよ」と
軽く背中を押すように、クライアントの行動を促します。

このように、クライアントはコーチの後押しを得て、
一歩ずつ進むことができるようになります。

この行動の積み重ねによって、
クライアントは目標に近づいていきます。

これがコーチングの仕組みです。

************************
      お知らせ

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)
 川口支会

http://entre-network.jp/

アントレプレナーズ・ネットワーク(EN)とは
経営者としの成長と事業の成長を実現する
次世代マーケティングのプラットフォームです。
会員相互の成長支援を目的とした組織です。

11月から毎週水曜日早朝7:30〜9:30
埼玉県川口駅前で川口支会定例会の開催を
予定しており、11月6日(木) 19:00~20:30 
セミナー&体験会を開催します。

************************

 (株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
中小企業診断士・起業家のためのビジネスモデル構築コーデネーター
五十嵐 久