リーダーに求められるセルフモチベーションスキル(2014/09/17)

こんにちは!

銀座コーチングスクール埼玉校・池袋校
運営する五十嵐久です。


リーダーに最も必要なことは何でしょうか?

リーダーとは変化を創り出す人だと言われます。
まずリーダー自身が変化を創り出すことが求められます。

そのためのスキルが「セルフモチベーション」です。

セルフモチベーションとは、まさしく
自分自身のモチベーションを自ら向上させることを言います。

誰でもやる気のない上司・リーダーの下で働くのは、
嫌ですよね。
リーダー自身のモチベーションが部下へ
大きな影響を与えることを意識することが必要です。

モチベーションを向上させるためには
感情を自ら創り出すスキルが役立ちます。

なぜなら行動を創り出すのは感情だからです。

感情を創り出す要素には3つあります。
身体の使い方言葉の使い方
そして意識の向け方の3つです。

身体の使い方を変えるだけで、
感情を変えることができます。

落ち込んでいる時に、
胸を張って空を見上げてみるだけで
少し気分が良くなったりすることがないですか?

言葉の使い方もポジティブな言葉に
変えてみましょう。

そして大切なのは、意識の向け方です。

モチベーションの向上にまず必要なことは、
実現したい結果を明確にすることです

あなたが、「人生をかけてでも達成したいことは
何でしょうか?」

私たちが自分の人生をコントロールできるのは
意味づけ”しかありません。

起こった出来事は変えられないし、
これから起こりうる出来事も完全にコントロールする
ことなどできません。

でも起こった出来事をどう意味づけするかは、
100%自分が選択しています。

この意味づけによって、
私たちは幸せな感情も最低の感情も手にすることができます。

そして、その感情が行動を生み出し、結果を創り出しています。

コーチングを学ぶことで、これらの意味づけを変え、
自らをモチベートすることができるようになります。


**************************

平成26年6月19日、労働安全衛生法の一部が改正され、
従業員数50人以上の事業場に対して、
労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査
「ストレスチェック」等の実施が義務づけられました。

ストレスチェックの導入をお考えの経営者・ご担当者様
がいらっしゃいましたら、安心でフォロー体制も
しっかりしたシステムをご紹介しますので、
お気軽にお問い合わせください。

**************************

(株)コーチビジネス研究所 代表取締役
銀座コーチングスクール埼玉校、池袋校共同代表
ビジネスモデル構築コーディネーター
中小企業診断士 五十嵐 久