コーチングの種類

世界には多くの種類のコーチングの種類がありますが、日本では大きく分けて「ビジネスコーチング」と「パーソナルコーチング」の2つの分野が適用されています。

 

■ビジネスコーチング

企業や組織において個人が本来持っている能力や可能性を最大限に発揮できるよう人材育成マネジメントの一環として位置づけているのがコーチングです。企業の管理監督的立場にある人がコーチとなり対象者は部下や後輩になることが多いです。

 

■パーソナルコーチング

個人を対象に、様々な日常生活の中で自己実現を達成してゆくことを目的としています。自分の目標やビジョンを明確にし、その実現方法を探究したい方などにおすすめです。欧米では自分の人生がより豊かで充実したものになるためにコーチを依頼するという動きが一般化しているようです。

 

■日本のコーチングの現状

世界と比較して日本のコーチングの現状はどうなっているのでしょうか。コーチングの発祥の地であるアメリカでは、90年代のはじめからコーチングが認知され始めました。海外は日本とは違い悩みがあればカウンセリングを受ける、コンサルタントに相談するなど行動に移ります。それにより、コーチングを受ける方も多く、コーチというものが職業として成り立っているのです。

対して日本は、コーチを雇っているのは外資系企業の経営者層や中小企業の経営者が大半のようで、アメリカと比較すると現状は少ないようです。しかし、だんだんとコーチングの認知度が高まり、コーチを導入する企業も増えていますので、これからのコーチングの活用度に期待したいところです。

 

当社は池袋や埼玉にてコーチ養成講座やセミナーを開催しております。コーチングメニューもいろいろ用意しておりますので気になった方は是非、コーチングを受けてみてはいかがでしょうか。コーチをつけたい方はそれに応じたコーチングメニューを用意しておりますのでお気軽にご相談ください。