コーチングが重要性を増している背景

近年注目を集めている「コーチング」。当社におきましても、会社・企業からコーチングセミナーを開講して欲しいという声が多数寄せられおり、その認知度は日を追う毎に増すばかりであります。
では、どうしてコーチングはビジネスシーンにおいて重要性を増したのでしょうか?

 

■企業を取り巻く環境変化〜求められる自立型社員〜

ビジネスの世界では現在、マネジメントの在り方の根本的な変革が求められています。

その背景には、社会環境の変化により、過去の成功体験が通用しなくなったことや、世代間ギャップの拡大や個人の価値観の多様化により、指示命令型の方法では人が動かなくなってきたことがあります。
また、変化の激しい現代のビジネス社会においては、未経験の出来事や予測しなかった状況が毎日のように生まれています。

そうした現場では自主的に判断し、行動することができる人材が必要とされ、その育成が急務となっています。
では、職場においてコーチの役割を担う管理職は、部下の育成をどのように考え、何をすればよいのでしょうか?そして、何ができるのでしょうか?

職場で、今何が問題になっていますか?おそらくどの職場でも「コミュニケーションが十分でない」という問題があるのではないでしょうか?

つまり、いま企業が最も必要としているのは、社員が互いにそれぞれの意思を伝えあえる、質の高いコミュニケーションが行われることなのです。

上司からの一方的な指示・命令で動かす旧来のマネジメントスタイルは、職場内のコミュニケーションの欠如をもたらし、多くの問題を生み出してきました。

これからは部下自身が、どうすべきかを考えて行動し、上司がそれをサポートするマネジメントスタイルが求められます。

 

■社員個々の責任感が増す

このポイントは、単純に社員個々に責任を背負わすということではありません。
コーチングを行うことは、上司が部下に対して一方的な命令をするのではなく、上司と部下の間における信頼性を高めることに繋がり、それが上司、そして部下の社員個々の責任感が増すことに発展するのです。
そのような責任感が増すことで仕事の重要性を再認識し、モチベーションアップに繋がり、会社・企業の発展に大きく寄与するため重要性が増しているのです。

 

■社員個々の思考力が増す

現在のビジネスシーンにおいて、単純にマニュアル通りのやり方は行き詰まりを見せています。
つまり、社員各々が自らその各場面において思考し最善で適切な判断をする必要があります。
こうしたビジネス変化の中で、上司は部下に対し、その場で思考させ判断させる力を養わせることができるのが、コーチングという手法なのです。マニュアル通りのやり方では通用しない昨今のビジネスシーンにおいて、より力を発揮することができる「源」になるわけです。

 

会社・企業におけるコーチングというのは、このような社員のスキルアップに直結した役割を担っており、それが重要性を増している背景と言えます。

 

当社では、東京や埼玉でプロコーチ養成講座の運営やビジネス講座と並行して、中小企業診断士の資格を有している人気講師が、会社・企業の重要な役割を担うコーチングサービスを展開しています。
今後のビジネスシーンを踏まえればコーチングは今より重要性を増し、同業他社より一歩も二歩も先んずるためにはコーチングの導入は必要不可欠と言えます。